読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張らないサラリーマンのインデックス投資

意識低めのサラリーマンがゆるく考える投資や家計簿、節約その他いろいろ

無リスク資産の一部を個人向け国債へ移動しました

個人向け国債(10年変動)が、個人投資家の無リスク資産置場として優れているという事ですので、じゃあいっちょやってみるかという気もちで資産の一部を移動してみました。現在、無リスク資産として定期預金が300万円ありますので、そのうち200万円分を移動します。

 

続きを読む

(投資家にとって)家賃の適正価格はいくらか

埼玉県民の私としては注目せざるを得ない、こんな記事がありました。

埼玉県で平均的な生活を送るためには手取り月収で50万円が必要らしいです(そして平均年収はそれに遠く及ばない、というニュース)。モデルケースでは子どもが2人いる世帯を想定しており、我が家とは大きく異なるため、これが現実にどの程度即しているのかは想像できません。が、気になっているのは試算前提のひとつになっている家賃。

 

続きを読む

現時点でのアセット・アロケーション

始めたばかりなので、お見せする程の物じゃないですが……人のを見るのは好きなので、私も公開しておこうと思います。 前回の積立と資産状況を公開した時点のものです。

f:id:colorfuluniverse:20170416141812p:plain

じゃん。シンプルですね。無リスク資産はしばらくこれ以上増やすつもりはないので、当面はリスク資産が50%に達する事を目指します。

 

リスク資産の内訳についても、しばらくは国内:先進国を50:50で様子を見たいと思います。分かりやすくて楽なので……次のボーナスくらいで先進国株式を導入してみようかなとは思っていますが。

 

続きを読む

積立投資の最序盤は含み損の方がいい気がする

吊られた男さんのブログで以下のような記事が公開されていました。

 

長期に渡って積立投資をする場合、最序盤でいくら損益が出ようと、後から振り返って見ればそのインパクトは非常に小さいので気にしなくてよい。つまり投資の始めどきで悩む必要もない。という内容でした。まったくそのとおりだと思います。

 

しかし、実際に投資初心者としての目線で考えたとき、精神的な部分については、積立投資の序盤ではむしろ含み損を抱えてみた方が良いのではないか、という気がします。

続きを読む