読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張らないサラリーマンのインデックス投資

意識低めのサラリーマンがゆるく考える投資や家計簿、節約その他いろいろ

二人暮らしの基本生活費

我が家は現在、パートナーと私の二人暮らし。二人とも仕事をしているので、入籍はしていないものの、いわゆるDINKs(共働き子供なし)世帯と言えるでしょう。

 

収入を誰がどのように管理するのか

私たちが選んだ方法は、一定金額を毎月共有口座へ拠出し、二人の生活費に充てる。残りは個人で管理。というもの。

 

 

具体的には毎月9.5万円ずつ、二人とも同じ金額を出しています。合計19万円から、家賃や公共料金、二人の一緒の食費や飲み代、消耗品などの代金に充てています。

 

これはかなり余裕を見た金額設定なので、普通に暮らしていれば毎月2,3万円くらい余ります。余った金額はそのままプールして、時々旅行に行ったりしています。

 

私の方がやや収入が多いため、完全割勘はアンフェアな気もします…...が、付き合いだした頃から彼女の意向として、食事等すべて割勘でしたので、その範囲を拡張した感覚です。

 

 

一応うまく行ってる、けど…...

 不満というか改善したい部分もあります。

 

ひとつは、個人管理部分の内容がクローズドなこと。別に隠してないし、お互い聞かれれば答えますが、常に相手の預貯金額まで把握はしていません。できれば世帯全体で、どの程度資産を持っているのかは把握しておきたいですね。

 

ふたつめは、共有口座のプール金が旅行のたびゼロに近づくこと。というか、プール金が溜まり次第旅行するシステムになりつつあります。

 

旅行は好きだし積極的に行くべきとさえ思いますが、お金が出来たから旅行行こうみたくならないよう注意したいと思います。

 

このあたりは入籍を機に調整したいですね。

 

人それぞれ

色々な方法があるし、正解はありません。私の気持ちとしては、できるだけフェアでオープンに、責任や権利や情報量が片寄らない関係を目指したいと考えています。