読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張らないサラリーマンのインデックス投資

意識低めのサラリーマンがゆるく考える投資や家計簿、節約その他いろいろ

生活防衛資金をどう決めたのか

投資を始める前には必ず、生活防衛資金、つまりある程度の預貯金を確保しなくてはなりません。離職、災害、病気や怪我、その他想定外の出費に対応し、投資を取り崩す事無く冷静に対処するためです。

 

しかしその金額は人それぞれで、生活費3ヶ月分から、多い人は2.5年分とかまでかなり幅があります。もちろん正解もないため、結局のところは生活環境や家族構成を考慮して、個々人の判断により決定されています。

 

だからって「人それぞれだから、自分でよく考えてね」というのはちょっと不親切なので、ここはひとつの参考として、共働き・子なしの家庭がどのように生活防衛資金を決定したのか、記録を残しておこうと思います。

 

私の場合は、300万円生活防衛資金として確保しています。これはどのように決められたのでしょうか。

たまたま貯金がその金額だった。結果的に丁度良かったけど

……くだらなすぎてすみません。投資を始めようと思いついたとき、たまたまそれだけ定期預金に持っていたためです(生活用の口座はまた別)。しかし改めて検討してみたところ、結果としては丁度良い金額のように思えたので、そのまま投資を始めてみる事にしました。

 

生活費としては2年分くらいです。また、手取り年収1年分くらいでもあります。ただし我が家は2人暮らしかつ共働きのため、これは2人分の生活費ではなく、私ひとりが家計に拠出する必要がある金額として2年分です。共働きで2人同時に収入がストップする可能性はかなり低いと考えているためです。万一その場合にも1年分の生活費にはなります。

 

ちなみに(ほぼ)完全ワリカンで暮らしているため、パートナーが失職等した場合にも同様に2年間の無収入は相殺できる計算です。

 

生活防衛資金はアセット・アロケーションに含めるのか?

資産や家計の状況を公開しているブログは数多くありますが、当然ながらルールは決められていません。生活防衛資金や奥様の預貯金などは非公開の場合も多く、参考にする場合は注意が必要です。

参考記事:

当ブログでは、リスク資産+無リスク資産(生活防衛資金を含む)の状況を公開しています。これ以外の資産としては、私個人の預金口座とパートナーの預金口座があります。お給料の振込や日々の生活でお金が出たり入ったりするため、金額の追跡が面倒なので公開していません。

 

どちらにせよ、資産と呼べるほどの金額ではありません(涙)。なので無いものとして、同じ様なご家庭の参考になれば良いと思います。