読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張らないサラリーマンのインデックス投資

意識低めのサラリーマンがゆるく考える投資や家計簿、節約その他いろいろ

自動車の維持費を直視したら色々あれ

先日車検が完了したのですが、通すのに30万円かかりました。もちろん年によって上下しますが平均これくらいです。節約こそ正義であるインデックス投資家においてはあるまじき数字です。

 

 

高いのには理由があって、ディーラーで車検をお願いしているからです(しかも外車)。予防的な部品交換も相当数あります。もっと安くできる手段があるのは百も承知なのですが、安い車検で大失敗をした経験があるため(車検を通した3ヶ月後に廃車になった)、今の車を買った時に、支払いが可能な限りは安心を買う意味でもディーラー車検をしようと決めたのです。ひとつの保険だと言えます。

 

車を持つのは自由だがコストには目を向けるべき

その決定や車を所有する事自体は後悔していませんが、コストに関しては正直目を逸らしていた部分があります。「必要なんだから、しょうがないじゃん!」と言い張っていたわけです。しかし、将来を見据えて貯蓄や投資を行う上で、いつまでも「見ないフリ」を決め込んでいる訳にもいきません。

 

ちょっと怖いけど、意を決して見つめてみましょう。えいや!

 

年間44万円!(; ・`д・´)

車検:30万円@2年 → 15万円/年

自動車保険:6万円/年

自動車税:4万円/年

ガソリン:7万円/年 (1L=140円、走行距離6000km、燃費12km/Lとして)

駐車場:12万円/年

合計:44万円!

 

うーん……改めて数字にしていまうとドン引きですね。これに高速代が乗っかりますので、年間50万円くらい車の維持コストを支払っていると考えてよいでしょう。

 

仮に全てを貯蓄に回す事ができれば、30年で1500万円にもなります。数回は買い替えが必要になる事を考えると、金額は2000万円くらいまで膨らむでしょう。安めの中古戸建が購入できる金額ですよ。見なきゃ良かった。

 

改めて認識するとやっぱり怖い

 

我が家は決して「車がないと絶対に生活できない!」というような状況でもなく、かと言ってなくても問題ないと言えるほどでもなく、絶妙な位置にいます。「なくてもギリギリどうにかなるけど、相当な不便を強いられる」くらいでしょうか。それに、車でちょっと出かけたり旅行に行ったりする楽しみはお金に代えられるものではありません。

 

もちろん、車がなければない事によるコストも発生します。電車代、タクシー代、レンタカーやカーシェア代。場合によっては時間も余計に支払う必要があります。維持費を丸ごと貯蓄へ回せる訳ではありません。

 

それでも、人生という長いスパンで考えたとき、1000万円単位のお金を車に使っているという事実はしっかりと受け止めて考えるべきです。(´;ω;`)