読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張らないサラリーマンのインデックス投資

意識低めのサラリーマンがゆるく考える投資や家計簿、節約その他いろいろ

ATMを使わなくなって半年くらい経つ

私はATMをほとんど使いません。もともと多い方ではありませんが、ここ数年はさらに減っています。口座の履歴を見てみると、最後に使ったのは去年の10月でした。

 

節約といえば手数料

節約の話題になると必ず、ATM手数料の話が出てきますね。金融機関ごとのサービスを厳選して、なるべく無料で済ませられるよう努力されている方も多いことでしょう。うっかりコンビニで下ろすと200円とか取られます。1万円下ろすのに200円かかったら2%ですよ。この1回で定期預金の金利が吹き飛びます。

 

私は口座を変えたりするのが面倒くさかったので、極力ATMを使わない方向でこれを解決しました。

 

やり方その1:現金を使わない

支払いは可能な限りクレジットカードを使います。支出管理がオロソカになる可能性もありますが、私は使った端から家計簿(スマホアプリ)に記入しているため支払い方法が何であれ同じことです。

 

また、少額の買い物であればモバイルSuicaを使います。これも結局はクレジットカードでチャージしています。最近は使えるお店がかなり増えたため利便性が一気に高まりました。コンビニ、書店、自動販売機、ファストフード店、喫茶店、などなど。この春からようやくマクドナルドも対応しました。マーベラス

 

これが両方使えない場所はかなり限られます。個人経営の居酒屋とかBARあたりですかね。そういう場合には仕方なく現金で支払います。

 

やり方その2:カードで立て替えて現金を入手する

やむを得ない事情で現金は減りますが、これを補うために、カードで何かを立て替えて現金で回収するという方法をとっています。多いのは仕事で打合せ等に行く際の電車代ですかね。月に数千円程度はこれで賄えす。

 

友人と割り勘で飲んだりした時も、とりあえずカードで支払っておいて現金を徴収します(嫌な言い方……)。そう頻繁にある事ではありませんが、一回の金額が大きくなりがちなので、これで得た現金で数ヶ月は保ちます。

 

パートナーがネットで買い物をする時も私のカードを貸します。彼女はクレジットカードを持たない主義なのですが、勤めている会社が今時まさかの給料手渡しなので、ATMは振込くらいにしか使っていないようです。また、隠れたメリットとして、パートナーの無駄遣いを一部監視できます(笑)

 

ちなみに私の勤務先も、賞与と年末調整だけは現金手渡しなので、これも現金の調達先として利用しています。危ないから止めてほしいのだけど……

 

もう一生ATMなしでも行けるかも

そんな風ですので、まだまだ当分はATMを使わずにどうにかできそうです。あと半年か、1年以上はどうにかなるかも。最長記録を目指してみるのもいいですね。下手したら一生、ATMなしでも回していけそうな気がします。