読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張らないサラリーマンのインデックス投資

意識低めのサラリーマンがゆるく考える投資や家計簿、節約その他いろいろ

自動積立はしないと言ったが、スマンありゃウソだった

ちょっと前に「自動積立は使わない」という趣旨の記事をアップしたばかりですが、ちょっと冷静に考えたら回避困難な問題がある事は判明したため、不本意ですが自動積立を設定しようかなと考えています。

 

というのも、最低買付金額が1万円からという設定を完全に失念していました。初心者まるだしで涙が出ます。

 

目標割合で分割すると1万円以下になる

f:id:colorfuluniverse:20170419191939p:plain

先日、目標アセット・アロケーションを先進国:国内:新興国を6:3:1にしようと決めました。これに近づくよう、今後はこの割合に沿って積立を行うわけですが、そうすると国内や新興国の買付金額が1万円に達しないという初歩的な事実に今頃思い当たりました。

 

大抵の(全部かどうか不明)ファンドではスポット購入の最低金額が1万円と定められているため、これを満たせない場合はそもそも購入できません。

 

たとえばある月に5万円を積み立てるとしましょう。iDeCo枠で2.3万円を使いますから、残り2.7万円を分割して積み立てる事になります。すると、先進国が1.62万円、国内が0.81万円新興国0.27万円となり、先進国以外は購入できない!という問題が発生します。ぐぬぬ

 

自動積立なら500円から

で、この問題を解決するために、やはり自動積立を設定する事になりそうです。自動積立の場合は(なぜか)最低買付金額が500円になるためです。

 

そして、毎月の積立金額を調整したい!というワガママを解決するために、設定金額をその都度調整するという方法を採りたいと思います。これはこれで面倒くさそうですが、まぁ毎月スポット購入する手間考えたら同じ様なモノですかね。やってみないとわかりませんが。先月と同じ金額の場合は設定不要だし。

 

金額を大きくすれば解決するけど……

一応、他にもいくつか解決方法はあります。

 

ひとつは積立金額を十分に大きくする事です。具体的には毎月の積立金額を12.3万円以上にすれば新興国の積立金額が1万円を超えてくれます。当然ながらそんなお金はないので却下です。

 

もうひとつは、積立頻度を数カ月おきにする事です。月々の積立金はとりあえず買付余力としてプールしておき、それが1万円を超えたタイミングで購入するのです。毎月5万円の場合、国内株は2ヶ月ごと、新興国は4ヶ月ごとに購入できます。もう明らかに面倒くさすぎるというか忘て混乱しそうなので却下です。

 

というワケで、やっぱり自動積立にするしか無さそうですね。

 

ちなみに今月の積立はスルーします

今月の投資金額は5万円の予定ですが、iDeCoが開始時期の関係で2ヶ月分の引き落としになりますので、これだけで4.6万円が持って行かれます。当然ながら残り4千円では購入できませんので、これはプールしておいて来月以降の積立に合体させようと思います。忘れてなければ……

 

投資方針がフラフラしていて良くないですね。半年くらいで安定するといいですが。